Aria Guitars|アリア株式会社 > クラシックギターとは?
アリアギター専門店|アリアギター・ベース|Aria通販ショップ
クラシックギターとは?

クラシックギター
 スパニッシュギター,スペインギター,ガットギターなどと言い、主に直接指で弾く楽器です。
 クラシックギターにはナイロン弦を使用しますが、ナイロン弦が開発される以前は、羊腸からできたガット弦が通常使用されていたのでガットギターとも呼ばれています。
 ガット弦は短時間の使用でささくれができてすり切れ、伸びていきます。演奏途中に弦が伸びて調弦が狂ったり、弦が切れて演奏者を悩ませたものです。ナイロン弦の出現はギター界の隆盛に大きく貢献したといえます。トーレス型を基としたギター、現在は弦長をやや長くしたものが多く、表甲も杉材が多く使われるようになりました。
トーレス型とは?
 今日のギター形状に決定的な影響を与えた、19世紀半ばの製作家アントニオ・デ・トーレスで、力木の配列、ボディ構造に研究、改良を加え、弦長を約650ミリにした今日のクラシックギターの原型になっていると言われています。
ナイロン弦とは?
 クラシック(ガット)ギターでは高音側の1〜3弦にナイロン弦と呼ばれる柔らかい弦を用い、低音側の4〜6弦では細いナイロンの束を芯に金属を巻き付けた弦を用います。金属弦とは全く違った柔らかい音がします。ナイロン弦を世界で初めて開発したのが「オーガスチン」です。またたくまにギター弦の標準となり、ギタリストの間で絶大な人気を誇るブランドになりました。


主なギタリスト
アンドレス・セゴビア
1893年2月21日 - 1987年6月3日)スペインのギタリスト。
音楽史研究者やギター奏者から、現代クラシック・ギター奏法の父とみなされている。セゴビアの尽力なしには、クラシック・ギターがコンサート・ホールに不似合いの、楽器と見られていただろうと見る向きは多い。セゴビアはギターを、ピアノやヴァイオリンと同じような地位に引き上げようと努力し、世界的に演奏され、音楽学校で学ばれるような楽器にしようとした。
また、自ら演奏技巧の上達に励んだだけでなく、教育者として、後進のギター指導にも力を惜しまなかった。

銘器コレクションシリーズ。

Jose Ramirez ホセ・ラミレス工房誕生125周年記念モデル
世界のトップクラシックギター工房ホセ・ラミレスから工房生誕125周年を記念して販売していますJose Ramirez 125 Estudioです。
単板セダートップ、単板ローズウッド・サイド&バック仕様。
2007年から2012年の5年間だけ製作される限定モデルとなっております。
スペインの「ホセ・ラミレス」は、世界で最も著名なクラシックギター製作の名門です。
ホセ・ラミレス1世(1857〜1923)が編み上げた高度な製作技術は、その後2世へと受け継がれ、そしてギターの内部構造に革新的な改良を施した3世の時代になり、「ラミレス」の名声は世界的に確立されました。
巨匠アンドレス・セゴビアをはじめとする、世界のトップ演奏家に広く愛用されるラミレスのクラシック・ギター。
その技と伝統は4世またアマリア・ラミレスへと受け継がれ、新たな伝説を生み続け工房125周年を迎えました。

トップ:杉単板|裏・側板:ローズウッド単板|指板:コクタン


アリアギター専門店|アリアギター・ベース|Aria通販ショップ
クリックして拡大
クリックして拡大
クリックして拡大


ジョン・ウィリアムス
 クラシック・ギター奏者。アンドレス・セゴビアに賞賛されてデビューしたが、セゴビアと一線を画する音楽性を有し、ポップス系の音楽活動も行ってきた。
 現在世界的に最も成功しているクラシックギタリストである。演奏スタイルは、経験・テクニックとも最も安定し信頼されうるギタリストのひとりです。
クリックして拡大
銘器コレクションシリーズ。

イグナシオ・フレタ・スタイル。(Jose Antonio,JF-200)
もともとバイオリンやチェロの製作家であったフレタ(1897-1982)は続いてギター製作を本格的に開始。とりわけ1955年以降のいち時期にセゴビアが、さらにジョン・ウィリアムスが初期に使用したことから高い注目を集めることとなった。
アリアギター専門店|アリアギター・ベース|Aria通販ショップ
歴史的銘器を忠実に再現したモデルです。
寸法や装飾等も限りなくオリジナルに近い仕様となっています。
クリックして拡大
クリックして拡大


村治 佳織
 3歳頃からギターを父・村治昇に師事する。10歳からはギタリストの福田進一に師事。1989年にはジュニア・ギターコンテスト最優秀賞を果たす。その後、数々の賞を獲得し、1992年にはブローウェル国際ギター・コンクール(東京)及び東京国際ギター・コンクールで優勝。数々の賞を獲得し、1993年にデビューリサイタルを開催。1996年にはイタリア国立放送交響楽団の定期演奏会に招待されヨーロッパでのデビューを飾った。日本のクラシック音楽界に活況をもたらしたことなど音楽家としての業績は高い。 クリックして拡大
銘器コレクションシリーズ。

ホセ・ルイス・ロマニ−リョス・スタイル。(Jose Antonio,JR-200)
1932年スペイン・マドリード生まれ。名手ジュリアン・ブリームが1973年作のギターを愛用したこからその名前が世界的に知られることとなり、近年では村治佳織が愛用していることでも知られている。
アリアギター専門店|アリアギター・ベース|Aria通販ショップ
歴史的銘器を忠実に再現したモデルです。
寸法や装飾等も限りなくオリジナルに近い仕様となっています。
クリックして拡大
クリックして拡大

Copyright. ARIA All rights reserved. ホームへ戻る